ナンパヤー寺院
Nan Paya Temple

ナンパヤー寺院
Nan Paya Temple

種別
寺院
所在地
ミンカバー村の南
建立
11~12世紀
モニュメント番号
1239

建築

バガンの建造物の多くはレンガ造だが、この寺院では、外周部分に化粧材として砂岩を使用している。主室は四角形プランで、東側に突出した入口部を設ける。主室内の中央部には四本の石柱が立ち、それぞれの面にブラフマー神と花模様の装飾を浮き彫りで刻んでいる。ブラフマー神像は手に蓮の花を持つ姿で表現されている。

バガンの初期寺院と共通する要素が見られる。主室の北側と南側の中央部に、穴を開けた採光窓を持つ。窓の上方にしつらえられたアーチ構造と、その周囲の浮彫は砂岩に施されており、非常に精巧である。

歴史

ナンパヤー寺院はマヌーハ寺院のすぐ近くに位置する。伝承によると、マヌーハ王の縁者であるナガー・タマン王子が11世紀後半に建立し、マヌーハ王の居宅として用いたという。
パートナー
ホテル観光省
JICA 国際協力機構
バガン観光開発プロジェクト

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  |  Facebook  |  Instagram

Copyright © 2017, Wonder Bagan. All Rights Reserved.