ピャッタージー寺院
Pyathadar Gyi Temple

ピャッタージー寺院
Pyathadar Gyi Temple

種別
寺院
所在地
中央平原
建立
13世紀
モニュメント番号
803

建築

洞窟を模した形状のピャッタージー寺院は、スラマニ寺院の南東に所在する。バガンにおいて最も巨大な寺院の一つであり、漆喰工芸の残存例でもある。寺院の東側は礼拝室で、上部には二重のアーチ構造を持つ。上部テラスの基壇部には空間が残されており、寺院全体としては未完成であったことを窺わせる。しかし、1998年の修復工事の際に花飾りが見つかっており、尖塔の部分は完成していたらしい。

歴史

伝承によると、チョーソワー王(在位1235~1249年)による建立とされる。
パートナー
ホテル観光省
JICA 国際協力機構
バガン観光開発プロジェクト

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  |  Facebook  |  Instagram

Copyright © 2017, Wonder Bagan. All Rights Reserved.