マハーボディ寺院
Mahabodhi Temple

マハーボディ寺院
Mahabodhi Temple

種別
寺院
所在地
オールドバガン
建立
12 - 13th century
モニュメント番号
447

建築

インド北部、ビハール州ブッダガヤのマハーボディ寺院を模して造られた寺院である。ブッダガヤは仏陀が悟りを開いた場所として名高い。オールドバガンの城壁内、シュエグージー寺院の北側に位置する。

建物の全高は約43メートルで、二層構造である。下層部分は四角形プランのレンガ造で、その上にそびえ立つ四面体の高塔を支えている。塔の先端には円錐型の尖塔が立ち、ミャンマー語で「ティー」と呼ぶ黄金の傘を頂部に載せている。

ブッダガヤにあるオリジナルと同様に、東向きに建てられており、入口も東側にある。東西に長い長方形で、内部には礼拝用の大広間が設けられている。

建物の壁面は、小型の仏陀坐像を収めた壁龕や、装飾用のパネルや浮彫で埋め尽くされている。

歴史

伝承によると、ゼーヤテインカ王により西暦1215年に建立された。
パートナー
ホテル観光省
JICA 国際協力機構
バガン観光開発プロジェクト

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  |  Facebook  |  Instagram

Copyright © 2017, Wonder Bagan. All Rights Reserved.