グービャウッジー寺院(ウッチーイン)
Gu Byauk Gyi Temple (Wetkyi-In)

グービャウッジー寺院(ウッチーイン)
Gu Byauk Gyi Temple (Wetkyi-In)

種別
寺院
所在地
ウッチーイン村
建立
13世紀
モニュメント番号
285

建築

グービャウッジー寺院はアノーヤター道路の北側に広がるウッチーイン村の近郊に所在する。寺院は東向きで、上部にマハーボディ寺院に似た形状の高塔を載せる。アーチ構造の広間と階段を備える。

この寺院の最大の特色は、壁画と漆喰工芸だ。ジャータカを題材とした壁画が豊富に残る。場面の説明文が、パーリ語と古いミャンマー語で書かれている。この寺院の壁画は、盗難の被害を受けたこともある。1899年のことで、剥がされた壁画はヨーロッパに持ち去られ、ドイツの博物館に引きとられた。

歴史

13世紀初頭の創建という。15世紀半ばに修復を受けた。
パートナー
ホテル観光省
JICA 国際協力機構
バガン観光開発プロジェクト

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  |  Facebook  |  Instagram

Copyright © 2017, Wonder Bagan. All Rights Reserved.