シュエサンドー・パゴダ
Shwe Sandaw Pagoda

シュエサンドー・パゴダ
Shwe Sandaw Pagoda

種別
仏塔
所在地
中央平原
建立
11世紀
モニュメント番号
1568

建築

シュエサンドー・パゴダは、五段のテラス上に建つ円筒型のパゴダである。11世紀初頭の建立とされ、形態にはモンの建築様式の影響がみられる。

東西南北の四面に急な階段が設けられており、パゴダの上からはバガン全体を見渡す眺望が得られる。そのため、現在は代表的な夕陽の鑑賞スポットとして知られている。シュエサンドー・パゴダは、バガンで最も高いパゴダの一つで、全高は約50メートル。平原のどこからでも視認することができる。

1957年に、僧侶ウー・ワヤマが率いる管理委員会によって修復を受けている。仏塔の近くにあるシュエサンドー森林僧院から50体の青銅製仏像が見つかっており、現在は考古博物館に展示されている。

歴史

「シュエサンドー」とは、ミャンマー語で「黄金の聖髪」という意味である。ミャンマーには四基の高名な「シュエサンドー・パゴダ」があるが、バガンのシュエサンドーはその一基である。他の三基はタウングー、ピィー、そしてヤンゴン近郊のトゥンテーにある。これらは、仏陀の聖髪を宝蔵していると信じられている。

伝承によると、アノーヤター王が、モン王国の都タトンへ遠征して獲得した仏陀の聖髪を宝蔵するために建立した。

境内

仏塔の四周に仏像を収める礼拝堂が配置されている。それらの内部には、ジャーナ・ムドラ(深い精神集中の様子)の姿勢の仏像が置かれている。
パートナー
ホテル観光省
JICA 国際協力機構
バガン観光開発プロジェクト

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  |  Facebook  |  Instagram

Copyright © 2017, Wonder Bagan. All Rights Reserved.