バガン考古学博物館
Bagan Archaeological Museum

バガン考古学博物館
Bagan Archaeological Museum

種別
博物館
所在地
オールドバガン
開設
1904年(旧) / 1997年(新)

バガン考古学博物館はゴドーパリン・パゴダの南、オールドバガンにある。 月曜日と日祭日を除き、午前9時から午後4時30分まで開いている。

建築

新しい考古学博物館は、八角形でデザインされた3階建ての建物だ。石碑、石像、その他の大きな古代の遺物が3つの部屋に別れて展示されている。

歴史

旧考古学博物館は1904年にアーナンダ寺院の北口付近にオープンした。 現在の新しい考古学は1995年に建て替えられ、1997年に再開された。

特徴

博物館の玄関の前には、55人の王がいたバガン王朝の3番目の王であるピュソティー王の像が、5体の動植物の像の上に鎮座している。大きな鳥、大きな猪、大きな虎、大きなムササビ、そして密生した野生の瓢箪だ。伝説によると、彼はバガンを困らせていたこれらの5つ動植物をを強力な弓矢で退治したいう。

八角形構造の中心には、バガン史の中で非常に重要なヤザクマ(Yaza Kuma)石碑(ミャゼディの石碑と同一)が展示されている。ピュー、モン、ミャンマー、パーリーの4つの異なる文字で刻まれた石柱だ。

博物館に入ると、バガンの有名な4人の王、アノーヤター、チャンスィッター、アラウンスィートゥー、チャースワ(Anawyahta、Kyansitthar、Alaungsithu、Kyaswa)の銅像と、バガン遺跡を描いた壁に大きな立体壁画が見える。

1階には、バガン時代の芸術や工芸品、バガンの社会や戦場を描いた絵、言語や文学、考古学的な意匠、古代の服や彫像が主に展示されています。 2階の展示では、古代のパゴダの絵、古代の壁画、仏教芸術、さまざまな仏像と印などの宗教的なテーマがメインだ。

屋上からはパゴダが広がるバガンの素晴らしいパノラマ風景を楽しむことができる。

パートナー
ホテル観光省
JICA 国際協力機構
バガン観光開発プロジェクト

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  |  Facebook  |  Instagram

Copyright © 2017, Wonder Bagan. All Rights Reserved.